2005年12月02日

皇室典範を考える集い。

 昨日11/30(水)『皇室典範を考える集い〜「有識者会議」の見識を問う〜』に行ってみました。皇室典範を考える会会長の渡部昇一氏、平沼赳夫氏が挨拶をし、櫻井よしこ女史などの講演が続き、集いの声明を読み上げ終了した。
 皇室典範は本来不文律であり、明文化した明治天皇も天皇でさえ犯すことの出来ない皇室の伝統であると述べているとのこと。その天皇でさえも変えることの出来ないとされた皇統男系の決まりごとを皇室の伝統も知らない反天皇主義者に決められたくないと思った。
 立ち見も出るくらい多くの人が集まり、同じような思いを抱く人々がいることが何よりもうれしい。
 今後とも集いのますますの活動を通じて不穏な動きを制して欲しいと思う。
posted by ウブドちゃん at 01:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10078494

この記事へのトラックバック

皇室典範に関する有識者会議報告書一
Excerpt: 大日本帝國憲法第一條 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス第三條 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス第十一條 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス日本国憲法第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この..
Weblog: 悪の教典楽天市場店
Tracked: 2005-12-10 20:06

フェミ団体の動向に要注意
Excerpt: 北京JACというフェミ団体のことをご存知の方も多いと思います。 北京JACホームページ 反差別国際運動:北京JAC全国シンポ分科会へのお誘い 昨日某市の女性センターで北京JAC??
Weblog: なめ猫♪
Tracked: 2006-01-15 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。