2006年03月03日

鶏口となるも牛後となるなかれ。

台湾総統 陳水扁氏は台湾独立の意思を現実に映しつつある。これに対して中国政府は早速反応している。以下はasahi.comの記事

「日本は反対明確に」 台湾国家統一委廃止で中国大使館2006年03月02日19時08分
 台湾の陳水扁(チェン・ショイピエン)総統が国家統一委員会や統一綱領の事実上の廃止を決めたことについて、在日中国大使館の熊波(ユウ・ハ)・参事官は2日、「台湾独立への歩みを加速するものだ」と批判し、日本に対して「台湾指導者の危険な行動に反対する姿勢を明確にしてほしい」と要望した。在京の報道機関に対する背景説明の中で述べた。
 熊参事官は今回の台湾の行動について、中台交流の拡大にストップをかけ、緊張を高めるものだ、と非難した。
(asahi.com)


台湾、中台統一への委員会・綱領「運用終了」 中国反発
2006年02月27日21時50分
 台湾総統府は27日、中国との将来の統一への道筋を定めた「国家統一綱領」と、統一問題に関する総統の諮問機関「国家統一委員会」について、「陳水扁(チェン・ショイピエン)総統が運用終了を決めた」と発表し、いずれも事実上廃止することを明らかにした。陳総統は「(台湾海峡の)現状の変更にはつながらない」としているが、台湾独立の動きを強く警戒する中国は非難を強めている。
 陳総統は、同日開いた国家安全会議で「両岸(中台)の未来は民主の原則に基づき、2300万人の台湾人民の自由意思の選択を尊重すべきだ」と強調。中国との統一が台湾の最終目標になっている統一綱領などは時代遅れだとの見方を示した。
 ただ、陳総統は00年の就任時の演説で「統一委、綱領を廃止しない」と語っていたことから、「廃止」の言葉は避けたとみられる。総統府によれば、国民党が台湾人を弾圧した「二・二八事件」59周年にあたる28日、陳総統自身が正式に表明する。
 91年に制定された統一綱領は、「民主や自由」について中台間で合意が得られれば統一に動くと定めている。現実には中国での民主化の達成には長期間が必要なため、統一を先送りする狙いも込められていた。だが綱領などの基本精神に「一つの中国」があり、中国側にとっては「台湾当局と中台統一を協議できる」と見なす根拠の一つとなっていた。
 与党・民進党が昨年暮れの地方首長選挙で大敗するなど陳政権の求心力は衰えている。今回の表明には、08年の次期総統選で民進党政権の継続をめざすためにも政権の威信を回復する狙いがある。
(asahi.com)


→→→→先に東南アジアの重要性(記事に飛びます)でも述べたが、台湾の中国による併合は日本のシーレーン防衛上深刻な事態を招く。中国に日本が首を押さえられることになる。既に、韓国が米国よりも中国寄りになり、東アジアにおいては中国、ロシア、両朝鮮という反日本勢力で固められている。この状況に対処するには米国、台湾、日本で団結せねばならないだろう。米国は近年親台湾的な態度を示すことに躊躇しているが、日本は米国が共和党政権のうちに米国に対してもっと強い台湾よりの態度を共同でとるべきだ。台湾の国連加盟を支持するのもいいだろう。中国との対応は台湾はあくまで中国の一部としつつも、中国が台湾を武力によって統一しようとするなら、断固、米国とともに台湾を援助する旨を明確にすべきだ。『中国の武力による台湾統一は断固認めない、中国への統一は台湾国民の意思によってのみ実現されるべき。』と明確に日本政府は態度を示すべきだ。これは、靖国問題介入への対抗措置でもあり、中国への圧力の1つでもある。早めに陳総統を日本に招待するのもすこぶるよいな。
posted by ウブドちゃん at 05:45| Comment(5) | TrackBack(4) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
台湾問題、中国側の主張ばかりが目立って、台湾側の主張が一切マスコミに報道されていないのには、本当に憤りを感じますね。
中国による台湾併合は日本にとって都合の悪い事どころの話じゃないというのに。

改めてこの問題について、再度認識を強めたい次第です。
TB有難うございました。こちらからもTBさせて頂きました。
Posted by cassand at 2006年03月03日 11:31
コメント&TB有難う御座居ます。
台湾は日本にとって独立しといて貰わないといけないところです。これまでの中国へのご機嫌とり外交を転換して、とりあえず中国の一部として民主主義、資本主義体制の中国政府と別体制の政府であるとして台湾政府と正式な国交をもつべきだと思います。
Posted by ウブドちゃん at 2006年03月03日 12:38
いつもカピタンさんのところでお見かけしていました。
この台湾の件、今回のブッシュ訪印、パと何らかの関連があるように思えてなりません。いよいよ軍拡中狂囲い込みの実行ではないでしょうか。

Posted by 小楠 at 2006年03月05日 11:43
こんにちは!TB有難うございました。
三菱東京UFJみたいに長いものに巻かれろという話でもないですし、難しいところですねぇ・・・・
我が国としてもFTA締結等出きるところから関係を深めていって欲しいものです。
Posted by tsubamerailstar at 2006年03月05日 13:21
 ブッシュ大統領は先回の日本訪問時も、その後モンゴルにいきましたね。モンゴルとは内モンゴルをめぐって中国が対立していますから、そこを訪問したということは、すでに囲い込みははじまっていると思います。日本は中韓と外交が出来ないからといって悲観する必要などないと思います。日本にはまだ未開のインドや既に先人が開いてくれた外交ルートが多数あるのですからリスクヘッジの上からも多国に対して政治経済の交流があった方がよいと思います。長い目では必ず日本の安定的発展に寄与すると考えますが。

 そうですね。台湾政府とは出来るとこからすぐに実行して欲しいです。たびたび、ブログをのぞかせていただいています。

小楠様、tsubamerailstar様 コメント有難う御座居ました。
Posted by ウブドちゃん at 2006年03月06日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

台湾の存亡
Excerpt: 陳総統が国家統一綱領の事実上の廃止を決定した事で、中国と台湾間で緊張が走っています。 当ブログでも告げていますが、台湾は危険な状況に晒されています。台湾問題は、うちのブログしか触れないのかなと思いつ..
Weblog: 徒然雑記
Tracked: 2006-03-03 11:38

台湾の決断
Excerpt:  昨夜のエントリーで、台湾が中国との将来的な統一を前提とした諮問機関『国家統一委員会』、委員会が採択した『国家統一綱領』の廃止を決定する、というニュースを紹介しました。台
Weblog: やじざむらい的日々雑感
Tracked: 2006-03-04 07:47

「台湾之子」、粘り勝つ!〜NUCと統一綱領、歴史のゴミ箱へ
Excerpt:  <"I'd like to ask you something: Is A-bian [Chen] wrong? Is A-bian wrong? Is A-bian wrong by r..
Weblog: 私の「認識台湾」
Tracked: 2006-03-05 13:25

NUC&統一綱領廃止問題、日本の対応
Excerpt: たかが年間予算3千数百円の幽霊委員会≠ェなくなったくらいで針小棒大に騒ぐ中国の醜態は滑稽以外の何物でもないのですが、ここ数日はこの件とWBC関連ばかりの報道が目立ちます。(個人的にメリケンに言いたい..
Weblog: 私の「認識台湾」
Tracked: 2006-03-05 13:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。