2006年03月25日

疑うのはありえない?

NHKの番組が01年、放送直前に改変された問題で、取材対象の市民団体とNHKなどが争っている訴訟の口頭弁論が22日、東京高裁で開かれ、当時のチーフプロデューサー・永田浩三氏が証人として出廷した。朝日新聞の記事などで番組への政治家の関与が指摘された後の昨年1月、NHK幹部らが対応を話し合った際、放送前に安倍晋三衆院議員に会った経緯について「呼びつけられたのでなく、こちらから出向いたことにしよう」とのやりとりがあったと証言した。話し合いに参加した上司から聞いた内容として明らかにした。
 NHKは、放送前に安倍氏に番組内容を説明したことについて昨年1月、「呼び出されたのではなく、事業計画の事前説明のために出向いた」と説明していた。
 問題になっているのは、旧日本軍による性暴力を民間人が裁く「女性国際戦犯法廷」を取り上げた番組。
 永田氏の証言によると、「出向いた」とすることは、松尾武・元放送総局長と、国会対策担当だった野島直樹・元総合企画室担当局長との間で決まり、永田氏は、その場にいた上司から直接聞いたという。「NHKの公式見解と違い、衝撃的な内容だった。本当なのかなあと思った。(NHKは)真実は何か、世間に説明するべきだ」と述べた。
 また永田氏は、番組改変の過程で、伊東律子・番組制作局長(当時)の部屋に呼ばれたと言及。伊東氏は、歴史教科書問題に取り組む議員グループの著書に載った名簿を示し、中川昭一衆院議員の名前を指さしながら「言ってきているのは、この人たちよ」と話したという。
 永田氏は、慰安婦や加害兵士の証言が、「信憑性(しんぴょうせい)が疑わしい」との理由で放送直前に削られたことについて「つらい経験をされた方の言葉について疑うのはあり得ないと思っている」と声を詰まらせた。改変に抵抗できなかったことについて「悔いが残る。5年前に戻りたい」とも述べた。
   ◇
 NHK広報局の話 伊東元局長は、中川氏の名を指して「言ってきているのはこの人たちよ」というやりとりをした記憶はない、と話している。昨年1月の話し合いは、朝日新聞の記事掲載などを受けて、松尾元放送総局長が当時の事情を記者会見で説明すべきかどうかを話し合ったもの。話し合いに野島元担当局長は参加していない。
   ◇
 松尾氏は朝日新聞の取材に対し、永田氏が証言した野島氏とのやりとりについて「そうした事実は全くない。その席に野島氏は出ていないからだ」と語った。「ほかのメンバーとの間でも口裏合わせのような話は一切なかった」と述べた。
NHK番組改変・説明「出向いたことに」 担当者が証言2006年03月23日02時16分 asahi.com


→→→>「つらい経験をされた方の言葉について疑うのはあり得ないと思っている」
って、あんたジャーナリストだろ?弱者だろうが、つらい経験した者だろうが事実がどうなのか調査もしないで番組作ってんの?だから、「ジャーナリスト宣言」とかいう輩のいるマスコミは信用できないっての。絶対にジャーナリストのやるべきことをやってないんだから。マスコミは2言目には必ずいってんじゃん、「公正中立な報道をしてます。」って、あのフジTVですらライブドアに買収されそうになったとき言ってたよ。弱者の言うことがいつでもただしいという立場をとりたいなら、公正で中立などとほざかないことだ。このような姿勢は、独善的で偏向な態度と言うのだよ。
posted by ウブドちゃん at 10:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨晩3月28日のチャンネル桜の「報道ワイド日本」に柏崎市会議員の三井田孝欧氏が出演して、この問題をアピールされていました。私も見ていて腹が立って、その場で市長あてにメールしました。
議員のHPでその経過がわかりますので、一度ご覧下さい。
http://miida.cocolog-nifty.com/
Posted by 小楠 at 2006年03月29日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15419039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

柏崎市長へ抗議を!!
Excerpt: 反日柏崎市長へ抗議を!!
Weblog: 反日ワクチン
Tracked: 2006-03-28 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。