2006年05月05日

日本の国境紛争に最も効果的なこと。

 しばらく、留守にしている間に隣のキチガイ国が騒いでたらしい。
 中国との尖閣諸島領有権問題や竹島、北方四島の領土問題において最も有力なことは米軍がそれらをめぐる有事の際にも、日本と共に戦うかということである。特に、尖閣諸島をめぐる有事に日米安全保障条約がその対象に含まれるかどうかについては防衛庁及び外務省は確認しなければならない。このことが確実であれば、このことを報道するだけで、中国の尖閣諸島侵略の意図を挫折させることができるであろう。「尖閣諸島や竹島に外国の軍隊が侵攻した場合、日米安全保障条約に基づいて日米軍が協力して侵略者を打倒するだろう。」と政府は報道しさえすれば侵略への抑止効果は絶大である。なぜ、さっさと行わないのか?

日米安全保障条約
posted by ウブドちゃん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(3) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17397978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

韓国 蜂も『ドクトは我々の島〜!』
Excerpt:  誰が何と言おうとドクトは我々の島〜でおなじみの韓国。海上保安庁の測量船による海洋調査に過剰反応し、EEZ(公海)であるにもかかわらず『主権を侵害された!』だの、『日本の領??
Weblog: やじざむらい的日々雑感
Tracked: 2006-05-05 09:28

靖国を巡る中共の内外への声の温度差
Excerpt: 前々回「盧武鉉のご乱心 そのとき中国は?」の中で、中共が国内の反日機運に火をつけないように必要以上に配慮を行っているのではないかとしていくつかその動きを挙げてみました。 靖国神社参拝などで激しく..
Weblog: 中南海ノ黄昏
Tracked: 2006-05-06 22:42

尖閣諸島の資源採掘にコストがいくらかかるか考えてみる
Excerpt: 毎週最低4回の更新をなんとか維持している鶏でございます。 今回も「尖閣諸島」です。 海賊すら住まない島なのに、日本中の人はここに首っ丈です。 日本のほとんどの石油は輸入に頼っています..
Weblog: しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
Tracked: 2006-05-07 19:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。