2005年09月16日

対中問題の愚。

 私は最近の外務大臣の中で町村外務大臣はかなりいけてるほうだと思う。小泉総理は残念ながら外交のビジョンが見えないし中国や韓国に何も言えない。謝らないだけましだが・・・・。一国の総理たるもの外国に謝ってはならない。自らたとえこちらに落ち度があったとしても謝ったりしてはならない。そんなことをしたら主権者たる国民の利益を失うことになるからだ。政府は主権者たる国民によって国の運営を任されているに過ぎない。その政府が行うべきもっとも重要なことは、主権者たる国民の利益を死守することと国民の権利(基本的人権)を死守することの2点である。中国に対しその経済的将来性からか根拠のない自虐的歴史認識からか中国から出鱈目なことを言われても事を穏便にする日本政府の姿勢は誤りである。中国には強行に主張すべきだ。まだ経済的に優位に立つ今ならば少しは相手に効き目もあるというものだ。日本の主義主張を中国政府に解らせるべきだ。中国に対して穏便に済まそうとする態度は、日本国民の利益を失い、日本人としての誇りも失うことになるだろう。この態度は中国をつけあがらせ侮日を煽り期待と逆の結果を生むことは既に歴史により証明されている。歴史に疎い我々日本人よ。第一次南京事件の時何があったか思い出しなさい。天安門事件の時なにがあったか思い出しなさい。

 ※第一次南京事件:1927年国民政府の北伐軍が軍閥を破り南京へ入場すると暴徒化し、外国領事館や外国人住宅や工場を襲撃。日仏英米伊などの領事館が略奪されました。米英の軍艦が南京に威嚇射撃をして北伐軍の略奪は収まりました。日本は駆逐艦が停泊していましたが米英との合同の砲撃を拒否し抵抗しませんでした。日本領事館には居留民も含め百数十名いたが衣服や子供のおもちゃまで略奪された。30数名の婦女子は少女に至るまで陵辱され、領事の夫人は20数名に輪姦されたといわれる。(中国の軍隊は歴史的に略奪の限りを尽くす。略奪しない軍隊は稀だ。それに比べると日本帝国軍の行儀のよさよ!)十数名の軍人がいたが領事より無抵抗を指示され抵抗しなかった。領事が抵抗するなと命じたのは幣原外交政策(中国内政不干渉=軟弱外交)の為だ。無抵抗と軍艦による攻撃のどちらが効果があったかは一目瞭然である。この事件は10日後、漢口に飛び火し日本人居留地が略奪されることになる。

 ※天安門事件(四六天安門事件):1987年天安門広場で胡耀邦追悼集会を契機として全国的な民主化ストライキ運動となった為中国政府がデモを鎮圧。死者319名。趙紫陽氏が失脚。日本政府は趙紫陽氏の立場が悪くなるとして中曽根首相が靖国参拝を中止した。西欧諸国は対中兵器禁輸を行い中国政府を非難したが、日本政府は中国に同情的な態度をとった。しかしながら、趙紫陽氏は結局復権することなくこの世を去り(今も名誉は回復されない)、江沢民が権力を握り反日政策をとった(特に反日教育に)。日本政府が中国の孤立化を救ってやったのに中国は恩を仇で返したのだ。

 このように中国に対する弱腰外交は百害あって一利なしなのである。中国に対する無抵抗、同情的外交姿勢は主(あるじ)たる国民の利益を奪い、日本国民の誇りを貶める結果にしかならないことを歴史は示している。よって、中国には言うべき時に言うべきことを言わねばならないのだ。 
posted by ウブドちゃん at 02:36| Comment(7) | TrackBack(4) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ネットサーフィンしていてここへ辿り着きました。
ウブドさんが言われていることはよく分かります。が、小泉総理は中国に対し全くの無策ではないようですよ。
 
http://plaza.rakuten.co.jp/airinhoikuen/diary/200509100000/
 
 
中国へのビザ解放は自分も大反対だったのですが、実態はこういう裏があったようで(いい意味で)欺かれました。
弱腰と見えるのは事実ですが、中身までそうは成っていないと思いますよ。そうでなければ、こんな嵌め手は絶対に思い付きません。
現状としては表向き小泉総理が穏和そうな態度で中国からの非難をのらりくらりとかわしながら、その一方で町村外相が的確な一撃を繰り出していくという連携が一番望ましい形に思われます。
ウブドさんの言われているように言うべき事を言わなければならないのは確かですが、一般人に見え見えな手段ばかりでは中国に対抗できないこともまた事実であることも分かって下さい。
Posted by 名も無き公僕 at 2005年09月17日 11:54
名も無き公僕さんコメントありがと。

中国人の日本へのビザ無し渡航拡大にそのような措置を同時に組合わせていたとは知りませんでした。それでも、いなくなった中国人はいるのですね。教えていただき有難う御座居ます。確かに小泉首相が(対外的に)手を差し伸べ友好的なポーズをとり、町村外相が袋叩きにした方がいいやり方だと思います。
Posted by ウブドちゃん at 2005年09月17日 13:18
トラックバックありがとうございます。
 >中国に対する弱腰外交は百害あって一利なしなのである。
 >中国には言うべき時に言うべきことを言わねばならないのだ。
全くその通りだと思います。
ただ、彼の国は日本を含め外国が何を言っても聞く耳を持たない国であることを忘れてはいけません。
「毅然たる態度で臨め」とか「断固として抗議するべきである」とかの主張をよく耳にしますが、日本国内の世論を喚起し、民意を結束するための役には立つでしょうが、対中外交としては殆ど役に立たないのが現実だと思います。
 何故なら、外国の毅然たる態度も、断固たる主張も「中国共産党政権」になんら実害をもたらすことがないからなのです。
彼の国が動くのは唯「実利がある」若しくは「実害がある」時のみなのです。
 つまり対中外交で日本政府が行わなければならないことは、中国にとって実利(実害)がある状況を創り出すか、実利(実害)があると認識させるかのどちらかなのです。
 こちら側の正当性を楯に、いかに激しく抗議や主張をしても微動だにしない国であることを我々は認識しておかなくてはいけません。
Posted by Aturam at 2005年09月17日 15:37
TBありがとうございました。

昭和12(1937)年の通州大虐殺さえ、知らない日本人が多い嘆かわしい現状。かく言う私も昨年に知った体たらく。
個人的に私はインド、中東史に関心がありますが、残虐度では中国の比ではありません。
数千年来の中華思想に毒されたあの民族は、威張るか媚びるかの行動パターンしかないのです。弱いと見るとすぐ付け上がり、残虐の限りを尽くす。欧米人に手を出さなかったのは、彼らの報復は凄まじいからです。
いつの時代も世界は弱肉強食なのだから、日本も欧米や中国に謀略と冷酷さを見習うべきでしょう。
Posted by mugi at 2005年09月17日 21:32
Aturamさん、mugiさんコメントありがと。
確かに中国に対しては力を見せ付けなければなりません。春暁ガス田で中国が操業を開始する前に中国への経済制裁をほのめかすべきです。同盟国にも同調してもらいましょう(他にも同調する国があればなおよし)。実際に操業を始めたら中国に進出している日本企業の操業を停止させる。経済制裁は日本にも多大な影響を与えるでしょうが・・・。それから、台湾の国連加盟を日本が支持すると宣言する(1国2制度などといってる国ですから、1国で2国分の代表を送ってもよいでしょう?)。日中共同宣言違反といわれても、制度が違うのだから台湾の加盟が必要だと言ってやる(あくまで、台湾が中国の一部であることを強調した上で)。春暁ガス田の近海で日米台の大規模な軍事演習を行うことは言うまでもありません。本来はその前段階で中国に依存している経済を他国に分散しておくことが必要なのですがすぐに出来ることではないので(これからはやらねばならないでしょう)。先端技術・戦略産業や基幹産業の中国移転を禁止する(これはガス田云々ではなくすぐにでも日本の産業を守る為には必要だとおもうが)。これ位のことはやらねばならないでしょう。春暁ガス田の操業が始まったらプラントに米国がミサイルを打ち込んで破壊するのがいいのですが(ありえないでしょうね)反共テロリストが打ち込むことはあるかもしれません。日本政府はやれないだろうなぁ。自衛隊の装備も国民の備えも出来ていない今の状況では。反中共的なことは徹底的にやる。チベット問題も人道問題、国際問題であるとし中国を非難すべし。同じ侵略と言う観点から攻めてもよい。モンゴル資源(天然ガス等)の開発援助をすすめて中国に北方からの脅威を与えよ(軍事支援もしたいとこだが日本国民がおこるだろうなぁ。モンゴルの内モンゴル併合を裏からささえる。非現実的だなぁ。)辺境のイスラム自治区に軍事支援するというのもあるが外交音痴の外務省は上手くやれないだろう(状況が複雑だから)。兎に角、資源の盗掘を始めたら中国に日本との関係改善がもう無理だと思わせる位やらないとダメだ。他になにかいい方法があったら教えてくだしゃい。
Posted by ウブドちゃん at 2005年09月18日 01:39
こんな方法どうですか?

http://aturam.cocolog-nifty.com/impressions_aturam/2005/07/post_cbaa.html
かなりエグイけど、これだと国民の合意も必要ないし、いまからでも政府がやる気になれば出来るんじゃないかな。
Posted by Aturam at 2005年09月18日 09:08
Aturamさんコメントありがと。
中国を内側から混乱させるのは効果があるでしょうね。中国民主化の眠れる志士の協力があるといいのですが。北京五輪が近いので人道問題、侵略問題をネタにボイコットをにおわして揺さぶっとくことも必要ですね。中国のような敵性国家には今からでもやれることからやって欲しいものです。
Posted by ウブドちゃん at 2005年09月18日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6969905

この記事へのトラックバック

テロと中央アジア問題
Excerpt: 中華人民共和国の人口に占める割合は小さいが、国土の大きな部分をに閉める面積がイスラム圏である。 新疆ウイグル自治区は、中国の約半分を占める砂漠地帯の西部に存在し、カザフスタンやモンゴルや中央アジア・中..
Weblog: 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
Tracked: 2005-09-17 11:20

中国の地下資源泥棒…略奪文化は三国志時代から変わらない
Excerpt: ≧が国には、東シナ海や尖閣諸島に油田・ガス田などの地下資源が存在すると言われている。これを活用することで、国内で新たな産業が生まれ、そして、雇用が生まれ、経済が活性することが期待される。  地下資源の..
Weblog: こん
Tracked: 2005-09-17 12:51

「打落水狗」 水に落ちた犬は叩け−魯迅
Excerpt:  中国近代文学の父といわれる魯迅は「打落水狗」、つまり水に落ちた 犬は打て、という言葉も残している。落ち目になった者に冷たいのはどの世界でも同じだが、儒教圏はそのやり口がまた冷酷だ。何しろ「死者に鞭..
Weblog: トーキング・マイノリティ
Tracked: 2005-09-17 22:05

中共、東シナ海ガス田で生産開始
Excerpt: 郵政のみを争点として選挙を行っている間に、中共は東シナ海ガス田で生産開始し、我国の主権は確実に脅かされている。政府が帝国石油に対して東シナ海ガス田の試掘権を与えた段階で、政府には帝国石油が安全に試掘を..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-09-21 19:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。