2005年10月12日

靖国問題4

小泉首相の靖国参拝は違憲 大阪高裁が判決
大谷正治裁判長は、「国内外の強い批判にもかかわらず、参拝を継続しており、国が靖国神社を特別に支援している印象を与え、特定宗教を助長している」として、憲法の禁じる宗教的活動にあたると認めた。
参拝が首相の職務にあたるかを検討。公用車を使用し首相秘書官を伴っていた▽公約の実行としてなされた▽小泉首相が私的参拝と明言せず、公的立場を否定していなかったこと――などから、「内閣総理大臣の職務と認めるのが相当」と判断した。  
さらに、3度にわたって参拝し、1年に1度の参拝をする意志を表明するなど参拝実施の意図が強固だったと認定。「国と靖国神社の間にのみ意識的に特別にかかわり合いを持ち、一般人に国が靖国神社を特別に支援している印象を与えた」とした。
 参拝の効果について「特定の宗教に対する助長、促進になると認められ、我が国の社会的・文化的諸条件に照らし相当とされる限度を超える」として、憲法20条3項の禁止する宗教的活動にあたると結論づけた。 (以上asahi.comより抜粋)



疑問その1→「国内外の強い批判にもかかわらず・・・」とあるが信教の自由や思想及び良心の自由とは基本的人権なのではないのか?内外の干渉に遭ったからと言って撤回していいような軽いものなのか?組織や集団や国家から基本的人権を守る為に日本国憲法は存在するのではないのか?憲法20条の信教の自由は、何人に対してもこれを保障するとは我が国の首相には適応されないのか?憲法19条の思想及び良心の自由は、これを侵してはならないと規定されているが内外の批判があれば蹂躙されてもよいのか?このような反憲法的な判決を大阪高裁が下すとは正気の沙汰とは思えないが・・・誰か私が納得するように説明ヒテクダシャイ。

疑問その2→国の要人が何処に行くのも公用車と秘書官、SPを伴うのは当然ではないか?伴わずに靖国神社で暴漢が首相を襲う可能性は無いというのか?何処に行っても狙われていると考えて行動するのが首相及び側近の備えと思うが。

疑問その3→最近は個人的と言ってないか?

結論→→→最高裁判官なら罷免してやる!!とこだ!
  →→→→被告(国)側の勝訴で原告が控訴しないので確定だそうです。
  →→→→大阪高裁は日本国憲法を蹂躙した!

追加雑感
憲法第20条3項の『国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない』、とは同条1項の『信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない』による首相の信仰の自由を否定するものではない。首相個人がどのような宗教を信仰してもよいのである。靖国神社に何回行ってもいいのである。国民に特定の宗教を強制したりなどしてはいけないということである。憲法20条3項により、首相が神社を参拝していけないのであれば、公明党の首相は憲法により就任できないことになるし、イスラム・キリスト・仏教徒で首相に就任するものは自らの信仰を棄てなければいけないことになり憲法20条1項に矛盾することになる。当然このようなことはありえないのだ。つまり、日本国首相は好きなときに何度でも靖国神社を参拝してよい。これ以外の解釈はありえないのである。蛇足ながら、憲法では基本的人権を憲法の中でも最も重要なものだといっている。第10章最高法規 憲法97条『この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』 日本国憲法で何よりも大切なのは基本的人権である。

追加雑感その2
憲法では、信仰の自由を犯してはいけないとある。しかるに、他国からの圧力により他国の靖国に対
する価値観を受け入れることは、日本人の宗教観を否定し、同時に憲法を否定することに他ならない。他国の内政干渉に屈して、日本国憲法を汚辱するのか?憲法を死守し自らの誇りを守り内政干渉をはねのけるのか?明治維新を担った下級武士達は命を堵して革命を遂行した。その行動はピューリタン革命をおこなった清教徒に近似している。平成維新、護憲派などと口先だけで行動の伴わない国会議員よ、誰か命を賭けて主(あるじ)たる国民のために日本国憲法を護るべく行動する輩はいないのか?憲法で最も大切な基本的人権が他国により犯されているのにいまこそ憲法を護らんとする国会議員はいないのか?

posted by ウブドちゃん at 01:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

靖国神社公式参拝
Excerpt: 靖国神社を公式参拝しても憲法違反になりません。 御霊が仏教で祀られていたらどうでしょうか。キリスト教では、そうしたら仏教界やキリスト教界は憲法違反と言うでしょうか。  日本は仏教伝来以前から..
Weblog: 一燈照隅
Tracked: 2005-10-18 09:53

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 16:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。