2005年11月08日

皇位継承について。

 皇位継承について本日のニュースは女性天皇か女系天皇かつまり天皇の男系血統をやめるかということに問題点があるといっている。女性天皇は過去に存在したが女系天皇は過去に存在しない。天皇の血統は男系なのである。「神代より今日まで其の正統一代も違い候事之無く」とは山鹿素行が『中朝事実』の中で述べていることだが、果たして女系天皇は正統と言えるのだろうか?『中朝事実』は山鹿素行が既存の儒学が犯してきた中国(シナ)偏重の考え方をコペルニクス的転換によって聖学と自称する孔子尊重の教学(読解)から導き出した事実=〈中(朝)とは今までシナのことだと思ってきたが(シナでは後に君子と呼ばれる者が主人を打ち滅ぼす易姓革命などとよばれることをしているこれは不忠不徳な行いではないのか、)実は中(朝)とは万世一系たる天皇の統べるこの日本(本朝)のことだった〉という気付きの書。果たして、女系天皇は万世一系たる天皇といえるのだろうか?孔子は言った、知らないことはそのままにしておくと。この問題は、一度決めたら元には戻せないから決め手にかけるのならばこれまでのように継続させるべきだと思う。万世一系を保持できるなら皇室典範の変更を支持しよう。早急な結論は望まない。
 
posted by ウブドちゃん at 02:32| Comment(2) | TrackBack(6) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有り難うございます。
女性天皇と女系天皇の違いを知らない人が国民に大勢いる中で、一般世界の考えで天皇を決めるのは皇室を蔑ろにしています。
Posted by misky730 at 2005年11月09日 09:13
 皇室典範に関する有識者会議は、社会的地位の高い人が名を連ねているが、天皇に関して知識を有している人達ではない。そのような言わば素人集団がこの問題に影響力をもつとすれば問題だろう。すぐに散会して人選を改める必要がある。この素人集団は皇室の考えを聞こうとする意志も持たない排他的な集団だ。このような連中の意見など聞くだけでも腹立たしい。当事者の意見は尊重されねばならない。
Posted by ウブドちゃん at 2005年11月10日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三笠宮親王伝化の発言など「どうということはない」
Excerpt: 表題の言葉を吐いたのは、皇室典範に関する「有識者会議」の座長!東大の学長を勤めた男らしい。なるほど、不敬な人間ではある。このような人物が、皇室典範を変更し、日本の、もっとも貴重な伝統を、破壊しよう..
Weblog: 靖國神社 英霊 日本
Tracked: 2005-11-08 07:25

たかじん委員会10
Excerpt: 天皇制  天皇制をどうやって維持するかは直接には外交に関係しないが、日本という国を説明する意味においては外せない問題なので興味深く議論を聞いた。  天皇が象徴たりうるのは、神武天皇の遺伝子がまだ残って..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-11-08 16:18

男系女性天皇と女系天皇の違い
Excerpt: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051103-00000001-yom-soci 三笠宮寛仁さま(59)が..
Weblog: うーぱーるーぱー
Tracked: 2005-11-08 17:00

三笠宮殿下が良いことを言った!!
Excerpt: 文化の日は諸事情で多忙でしたので、何もエントリできませんでした。 代わりにatsuさんところで読んだネタを紹介してお茶を濁します。 このエッセイが文化の日・明治節にこのネタが出てくるあたり、素晴らし..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2005-11-09 12:24

皇室典範改悪を疑問に思っている人々
Excerpt: 御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」..
Weblog: 日々雑感
Tracked: 2005-11-23 22:48

皇位継承問題
Excerpt:  秋篠の宮紀子様ご懐妊の吉報に、女性天皇を認める皇室典範の改定をはじめとする皇位...
Weblog: スタッフおすすめサイト集@freshEYE
Tracked: 2006-03-07 14:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。