2005年08月20日

民主党岡田党首について

近頃の話だと思うが(今年)
岡田党首は天皇の戦争責任について天皇に戦争責任があるとの認識を持っているとの発言があった。私はこの発言が現在のような対中国関係にある中で日本人として非常にあってはならない発言であったと思った。この発言からは岡田氏が中国寄りであることを匂わせる。靖国問題で東京裁判が話題にあがったが東京裁判では昭和天皇は無罪であり、A級戦犯のように有罪ではなかった。中国は靖国問題で日本が無条件降伏して東京裁判を受け入れたのに靖国神社のような東京裁判を認めない神社に小泉首相が参拝するのはけしからんと日本政府を非難した。でも、中国政府はここまでしか言っていないのであって天皇に戦争責任があるなどとの発言は行き過ぎた発言であって2大政党の党首の発言としては重大な問題だ。
よって、私はこんな党首が率いる民主党には投票しないアルヨ。
ちなみに、私はどちらかといえば無党派層だと思うけど民主党には先回の衆院選も含めて過去なんども投票したけど民主党の嫌なとこは左よりの人達も少し多いこととこの党首じゃねぇ。岡田氏はなんと言っても清廉潔白で、真面目に政治に取り組んでる姿勢はあるが、昭和天皇に対するこのような認識では支持するわけにはいかないね。続きを読む
posted by ウブドちゃん at 02:04| Comment(4) | TrackBack(1) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。