2006年03月22日

サムライ野球、世界を制す!

王監督が3度宙を舞った。
WBCで日本がキューバを破り優勝した。
続きを読む
posted by ウブドちゃん at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

この調子。

 麻生外相はウォールストリートジャーナルに以下のように寄稿した。

「日本は民主的中国を待つ(Japan Awaits a Democratic China)」(麻生太郎外務大臣投稿)続きを読む
posted by ウブドちゃん at 06:48| Comment(3) | TrackBack(3) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

鶏口となるも牛後となるなかれ。

台湾総統 陳水扁氏は台湾独立の意思を現実に映しつつある。これに対して中国政府は早速反応している。続きを読む
posted by ウブドちゃん at 05:45| Comment(5) | TrackBack(4) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

目には目を!歯には歯を!!

 はっきり言って韓国の話題にはこれまで触れないようにしてきたが、彼の国の大統領までがこのようなことを言うようでは、批判するしかあるまい。彼の国のことを取り上げれば、自らの品位も落としてしまうだろうが隣国の暴走を静観は出来ない。

続きを読む
posted by ウブドちゃん at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

毒を撒き散らす保守系リベラル派。

保守系リベラル派は左翼同様に時には権力の中枢にいることもあるので、左翼以上に毒を撒き散らす。その解毒処理に保守系の人々は奔走する。以下なんちゃって年表
続きを読む
posted by ウブドちゃん at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

戦犯マスコミは国民に謝罪せよ!

最近TVCMでもながれている
『言葉は感情的で、
残酷で、
ときに無力だ。
それでも私たちは信じている、
言葉のチカラを。
ジャーナリスト宣言。
朝日新聞』

続きを読む
posted by ウブドちゃん at 01:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

賽は投げられた。

 北京で2月4日から行われた日朝間協議はまったく進展がないまま終了した。どちらかと言えば、北朝鮮から新たに経済協力だけでなく、強制連行や慰安婦にも保障せよとたかりのネタを突きつけられただけであった。(いうまでもなく強制連行や慰安婦問題など存在しないのだが・・・)続きを読む
posted by ウブドちゃん at 03:41| Comment(2) | TrackBack(2) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

記事内容別分類

靖国問題
 靖国問題その5
 靖国問題4
 靖国問題3。
 A級戦犯こそ靖国にふさわしい。
 靖国問題2
 靖国問題。

皇室典範改正
 皇室典範を考える集い。
 朝日新聞が天皇制破壊に動く。
 皇位継承について。
 
対外問題
朝日新聞よ、ジャーナリストの魂はどこだ?(チベット)
 日本の国境紛争に最も効果的なこと。
 この調子。(中国)
 チベットをおもう。
 鶏口となるも牛後となるなかれ。(台湾)
 目には目を!歯には歯を!!(南朝鮮)
 賽は投げられた。(北朝鮮)
 首相官邸にスポークスマンを!(官邸)
 東南アジアの重要性。(東南アジア)
 北朝鮮
 怠慢の代償。(対中問題)
 謝罪と責任(一般)
 対中問題の愚。(中国)
 外交にて行うべきこと。(一般、やや中国)
 ネパールの内乱(ネパール)
 尖閣諸島をめぐる問題について(中国)
 
歴史問題
 自虐的反日歴史観の構造。
 歴史をまとめるの詩。

その他
 首相候補としてふさわしくない人。
 柏崎トルコ文化村問題。
 疑うのはありえない?
 サムライ野球、世界を制す!
 毒を撒き散らす保守系リベラル派。
 戦犯マスコミは国民に謝罪せよ!
 衆議院選挙。
 外国人参政権問題。
民主党岡田党首について

posted by ウブドちゃん at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

靖国問題その5

『靖国問題』 (高橋哲哉著 ちくま新書出版)の感想等
<・・・・・>は私の考え
●感情の錬金術
戦死者を出した遺族の感情は、ただの人間としての限りには悲しみでしかありえない。
続きを読む
posted by ウブドちゃん at 02:36| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事、思いついたこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。